2012年度に2.5GHz帯でUQ WiMAXに追加割当へ?

総務省|グローバル時代におけるICT政策に関するタスクフォース|グローバル時代におけるICT政策に関するタスクフォース 電気通信市場の環境変化への対応検討部会 ワイヤレスブロードバンド実現のための周波数検討ワーキンググループ(第10回)
BWA(広帯域移動アクセスシステム)の100Mbps程度の高速移動サービスの提供を可能にするため、更なるシステムの高度化及び周波数の追加割当(2625−2660MHz)のための技術基準を速やかに策定し、2012年度中の実用化に向けて取り組むべき。併せて、2GHz帯TDD方式(2010−2025MHz)の活用についても検討を行うべき。
XGPがあんな状態なので、UQ WiMAXへの割当が場所的にも順当なところでしょうが、一荒れあるかも知れません(情報元
Comments












※半角英数字のみのコメントは投稿できません
※「信者」とか「アンチ」などの言葉を含む投稿は予告無く削除する可能性があるのでご注意ください(方針参照のこと)
Trackbacks
トラックバックには、以下のURLをご利用下さい。
http://wimax.saidoc.com/trackback/155
[PAGETOP]